ちえみブログ 日々の記録

ヨガ・こども・たべもの・身の回りの事など

頭にきた

きのうの夜、おもいっきりブチ切れました。

相手は旦那さん。

 

彼はときどき、気前よく買い物をしてくるので、いくら使っているのか聞いたら

「わからない。」と返事。

レシートを見せてと言ったら

「ない。」と返事。

ちゃんと家の経済状況を把握しているのかと聞くと・・無視。

 

ここで私は一気にキレるのでした。

夜なのに大声で、怒りの感情と共に思っていることを吐き出しました。

 

ある程度怒ったら、少し落ち着きました。

 

いつもなら気力体力が消耗して燃え尽きるのですが、今回は違った。

 

彼の発達障害の特徴がよく出ているのに気づいていたから。

気づいていたけど私は怒った。

 

夜だったので、ヨガと瞑想をほんの少ししたあと寝ました。

 

翌朝、目覚めると前日の感情が残っていました。

こういう感情は見て見ぬふりをしたり、フタをしたりすると、体に蓄積されるので、できるだけヨガをしてリセットするようにしています。

 

朝にヨガをしたのに、どうも気持ちがザワつくので、夕方前にもヨガをしたら、まだ怒りの感情が残っていました。

頭で「大丈夫」と思っていたけど、体は緊張したままでした。

 

相手がどうのこうのではなく、けっきょくは自分と向き合う時間となりました。

私がさわいだところで、旦那さんも過去も変わらないし。

いかに冷静さをとりもどすか、視野をひろげるか、体の流れを整えるか・・・

ヨガはいつも私を助けてくれます。

 

しかし、こういうやり取りを何回も繰り返しているので、そろそろ抜け出してもいい頃なのかも。

広告を非表示にする

子供とお菓子

きのう、お母さんの集まりに行ってきました。

 

お昼の時間帯だったので、4歳のうちの子にはお腹が空かないようにお弁当を用意しました。モグモグとおいしく食べます。

 

他にも小さい子が来ていたけど、

パンを食べている子、お菓子を食べている子などがいて、

昼ご飯はどうなっているのかとても気になりました。

その子たちのお母さんにきけばよかったな~。

 

すごい子もいました。

2~3歳くらいの男の子。

500ミリのペットボトルのジュース(ピンク色!)をゴクゴク飲んで、その後スナック菓子。

 

2時間の集まりのあいだ、ずっとスナック菓子を手放すことがなく、口に運び続けていました。

座って食べることもなく、落ち着きなく動き回って、「元気」というより興奮状態。

 

お母さんは子供にかまわないので、小さい体がジュースとスナック菓子を制限なく取り続けています。血糖値が跳ね上がりそう。

 

ジュースとスナック菓子を子供に与えるお母さんがバツで、

おいしい手作り弁当を子供に与えるお母さんがマルなのかと言うと、

そうではありません。

だって、その背景にはいろんな事情があるのだから。

 

 

でも、やっぱり、

子供からその子らしさが奪われるような食事の与え方は気になるな・・・。

広告を非表示にする

お花と野菜をいただきました。

朝、近所の無人販売に行ったら、ちょうど準備中でした。

この無人販売のWさん、会うたびにいつもお土産をたくさん持たせてくれます。

ありがとうございます。本当にうれしいです!

f:id:yogakidsfoods:20171113174146j:image

たくさんのお花と、無農薬の水菜と春菊。

畑から摘んでそのまま渡してくれました。

それから里芋の真ん中の部分(親芋)。

あと人参も!

 

水菜は無農薬なのでサラダがオススメとの事なので、さっそくサラダでいただきました。わかってはいたけどオイシイ!子供たちもシャキシャキ食べました。

 

ものすごく贅沢な気分。無農薬野菜はそれなりの値段で買うものだと思っているので、「食べる?」ってきかれて「ハイっ」って渡される事にいまだに驚いてしまいます。

 

素敵なお花とおいしい野菜で幸せ。気持ちがほどけるわぁ~。

こどもギョウザ

ギョウザの具を用意すれば、

あとは子供たちが包んでくれるので大助かり!

上手に作ってくれます。

f:id:yogakidsfoods:20171113115702j:image

ちなみに、このギョウザは「白菜ギョウザ」。

みじんぎりの白菜にしょうがと醤油とごま油をまぜてあります。

フライパンでこんがりと焼いて出来上がり!

私も子供たちも大好きで、たくさん食べてもお肉が入っていないので体が重たくなりません。

広告を非表示にする

まんが「旦那さんはアスペルガー」

まんがを5冊まとめ買い。

f:id:yogakidsfoods:20171111163148j:image

このまんがに出てくる「旦那さん」はアスペルガー症候群

うちの旦那さんと同じ発達障害

私と旦那さんの事が書かれてある!ってくらい似ていて驚き。

旦那さんのあんな行動、こんな行動、同じだー!って。

で、それに対する奥さんの気持ちがまるごと共感できてしまう・・。

 

そうか、うちだけじゃないのか~、と少しだけ安心しました。

 

「旦那さんはアスペルガー 奥さんはカサンドラ

この1冊は奥さんの事が書かれています。

カサンドラ症候群と言って、アスペルガー症候群がある人とのコミュニケーションがうまくいかないことによって、心身に不調が生じてしまいます。

f:id:yogakidsfoods:20171111163153j:image

ひょっとしたら私もこれだったかも、って読みながら思いました。

 

お互いに相手のことを理解できなくて、共感ができなくて。

夫婦でのコミュニケーションがうまくいかず、悩みながらだんだん辛くなってしまうのです。

「夫婦によくあること」と片付けることもできるけど、実際に私が旦那さんにいだく感覚としては、違和感・不安・不気味など。

この空気はなかなか強烈で、ある程度気持ちが冷静でいないとあっという間に飲まれてしまいます。

 

まんがの中では奥さんと旦那さんが別居することで、奥さんが回復していきます。

 

ではうちもそうしよう!と思ったけど、まぁいろいろあるのですぐに実行できません。

 

でも、あんまり悩んでいてもしんどいので、思い立ってある人に会いにいきました。

そして気持ちがラクになりました。

この話は別の記事で書きます。

 

なんでも当てはまると思うのだけど、悩んでいる時っていうのは、視野がものすごく狭いです。

目の前の困りごとにとらわれすぎて、他の事が見えてこない。

 

自力で視点を変えることもできるだろうけど、これは真っただ中にいると難しい。

今回の私は、信じられる人の意見により、まったく別の見方に気づかされ、一気に視界が開けました。会いに行ってよかった。

 

視野が大きく開けると、そこにいくつもの可能性があることに気づき、私は自由に選ぶことができます。行きたい方向、やりたい事が見つかると、とても気持ちの支えとなります。

もう、相手がどうとかあまり関係なくなってきます。

 

なんだかこの世に生まれて、試されているような、鍛えられているような、修行しているような。

最後の30代だし、思いっきり悩んで、思いっきり楽しめたらいいのかな。

 

 

 

布ナプキン

布ナプキン歴は長いのですが、市販のナプキンも使っていました。

布と市販のものを使い分けていたのですが、経皮毒とかエコの事とか考えて「布」で統一しようと思い、とりあえず布ナプキンをまとめ買いしました。

(20代の若い時に比べると経血量が安定しているのも理由のひとつ。)

f:id:yogakidsfoods:20171111163053j:image

3つのサイズで便利そう。

一番左の赤いのは大きくて長いので夜用。

 

6歳と4歳の娘たちは、私が布ナプキンを使っているのを知っているので、「かわいいね~」「いいね~」と言っています。

使うのが楽しみ。

広告を非表示にする

ヨガで断捨離

玄関とか台所とか、すっきり片付けをしたいときは、一度ものを全部出してみるといいそうです。

こんなにためこんでいたのか~、って視覚で認識するのだそうです。

そのあとは、必要なもの以外を手放します。

 

先日、幼稚園ママをうちへ招待してみました。

すごく驚かれました。

ものがすくないって。

 

家の中は目で見て判断することができるので、私は片づけることができます。

 

問題は心と体の片付け。

 

体は「重いな~」とか「硬いな~」って感じていても、後回しにしてしまいがち。

心はあれこれ考えることが多いので、散乱しがち。

片付けたい・・・。

 

心と体の事は目で見て自覚することができないので(皮膚にトラブルがでると自覚するけど・・・)、とりあえずヨガです。

 

ヨガをしていると、その時の自分の状態に気づくことができます。

いろんなポーズをして、苦手なポーズも挑戦して、体全体に意識を巡らせます。

 

家の片付けと同じように、自分の片付けも一度全体を認識します。

 

で、不必要なもの(体の緊張、悩み、冷え、ダルさとか・・)に気づいたらまず観察します。そして手放します。

 

ヨガのあとは心と体が整います。

 

一年に一度、年末に大掃除をしますが、普段から気を付けていると掃除がラクになります。

ヨガも毎日するのがとても良いです。

 

 

広告を非表示にする