ちえみブログ 日々の記録

ヨガ・こども・たべもの・身の回りの事など

手作りパンの影響

今日もパンが焼けました。

f:id:yogakidsfoods:20160616150228j:image

子供たちがおいしい、おいしいと喜んでくれるこのパン。

いまは週1、2くらいのペースで作っています。

 

そもそも作り始めたのは、私の体の違和感がきっかけでした。

市販のパンを食べると

・なんだか調子が下がる。

・かゆみとしてあらわれる場合もある。

・心が落ち着かない。子供たちも同じ。

・食べても満足感がない。

 

一番気になっていたのは、パンなしではやっていけない状態だったこと。

「パン中毒」。

なんだか無性にパンが食べたい!って思うと買いに行ってました。

 

こんな症状を感じているのに、しばらくほったらかしにしていました。

一時的で時間がたつと忘れてしまうから・・・。

 

ある日、手作りしようと思いつきました。

ずっと市販パンの添加物が気になっていたし、材料の質もわからないし。

 

あれこれ調べて簡単につくれるパンにたどり着きました。

(インターネットとか本でたくさん紹介されていて、動画などを参考に自分好みのパンをみつけました。)

 

はじめて食べたとき、小さいながらも食べごたえと満足感があったのをおぼえています。

味はもちろんおいしい!

あやしい添加物ゼロ!

小麦粉は国産、砂糖・卵・乳製品不使用。

天然酵母使用。

なたね油は信頼しているところのものを使用。

 

自分でこねて、自分で成形して、オーブンで焼いて・・・楽しいなぁ。

 

粉をきらせてしまった時、市販のパンを買ったことがあります。

食べた瞬間、アレレ?って感じ。

よく買って食べていたパンなのに、おいしいと感じなくなっていました。

今までコレを食べていたの?コレが好きだったの?ってくらい味覚が変わってた。

 

もう市販のパンにはもどれません。

 

手作りパンのおかげで、いつのまにかパン中毒も消えました。

 

ときどきちょこっと作って、ちょこっと食べて満足、満足。

 

子供たちが毎回「ママのパンがおいしい!」って言ってくれます。

なんだか幸せのパンです。

 

広告を非表示にする