ちえみブログ 日々の記録

ヨガ・こども・たべもの・身の回りの事など

大人の発達障害③

発達外来へ彼と一緒へ行き、初診を受けてきました。

初診の内容次第で次の診察へ進むか進まないかを決めますが、「その傾向がある」ので2回目、3回目の予約も取りました。

 

発達障害は「見えない障害」とも言われるようで、見た目ではわかりません。

彼はふつうに会社員をしていて、私たち家族があり、マイペースに過ごしています。

 

ただ、一番身近にいる私からすると、「何かおかしい」行動がたくさんあるのです。

はっきりと異常な行動ならわかりやすいけど、なにか違和感がある・・・って感じ。

 

彼の違和感のある行動は、人に話しても「よくあること」とか「しょうがない」とか「うちも同じだよ」みたいな返事をされてしまいます。

だから、私が気にしすぎなのか?私の考え方がおかしいのか?と、ずっと悩みでした。

彼のそばにいる私にしかわからない空気というのがあり、本当に独特です。

 

私一人で抱え込む自信がなく、これが続くのはイヤなので、もう専門家のチカラが必要なのです。

 

ちなみに発達障害というのは、ここからここまでが発達障害ですよ、というような境界線がないそうです。グレーゾーンの幅が広く、担当医の判断にゆだねます。

 

診断結果はどうあれ、病院へ行くことができたのが大きな一歩と感じます。