ちえみブログ 日々の記録

ヨガ・こども・たべもの・身の回りの事など

まんが「旦那さんはアスペルガー」

まんがを5冊まとめ買い。

f:id:yogakidsfoods:20171111163148j:image

このまんがに出てくる「旦那さん」はアスペルガー症候群

うちの旦那さんと同じ発達障害

私と旦那さんの事が書かれてある!ってくらい似ていて驚き。

旦那さんのあんな行動、こんな行動、同じだー!って。

で、それに対する奥さんの気持ちがまるごと共感できてしまう・・。

 

そうか、うちだけじゃないのか~、と少しだけ安心しました。

 

「旦那さんはアスペルガー 奥さんはカサンドラ

この1冊は奥さんの事が書かれています。

カサンドラ症候群と言って、アスペルガー症候群がある人とのコミュニケーションがうまくいかないことによって、心身に不調が生じてしまいます。

f:id:yogakidsfoods:20171111163153j:image

ひょっとしたら私もこれだったかも、って読みながら思いました。

 

お互いに相手のことを理解できなくて、共感ができなくて。

夫婦でのコミュニケーションがうまくいかず、悩みながらだんだん辛くなってしまうのです。

「夫婦によくあること」と片付けることもできるけど、実際に私が旦那さんにいだく感覚としては、違和感・不安・不気味など。

この空気はなかなか強烈で、ある程度気持ちが冷静でいないとあっという間に飲まれてしまいます。

 

まんがの中では奥さんと旦那さんが別居することで、奥さんが回復していきます。

 

ではうちもそうしよう!と思ったけど、まぁいろいろあるのですぐに実行できません。

 

でも、あんまり悩んでいてもしんどいので、思い立ってある人に会いにいきました。

そして気持ちがラクになりました。

この話は別の記事で書きます。

 

なんでも当てはまると思うのだけど、悩んでいる時っていうのは、視野がものすごく狭いです。

目の前の困りごとにとらわれすぎて、他の事が見えてこない。

 

自力で視点を変えることもできるだろうけど、これは真っただ中にいると難しい。

今回の私は、信じられる人の意見により、まったく別の見方に気づかされ、一気に視界が開けました。会いに行ってよかった。

 

視野が大きく開けると、そこにいくつもの可能性があることに気づき、私は自由に選ぶことができます。行きたい方向、やりたい事が見つかると、とても気持ちの支えとなります。

もう、相手がどうとかあまり関係なくなってきます。

 

なんだかこの世に生まれて、試されているような、鍛えられているような、修行しているような。

最後の30代だし、思いっきり悩んで、思いっきり楽しめたらいいのかな。